リオオリンピックもついに閉幕が近づいてきました。

日本選手の活躍も多く見られました

また、無念の涙を流す選手もいました

多くのドラマを生んでいる今回のオリンピック
最後まで走り抜けていきましょう


さて、今回は
長きにわたってオリンピックの公式時計を務め続けてきたオメガより
リオ2016リミテッドエディション をご紹介します


RIMG0300のコピー
オメガは、スポーツにおける数多の輝ける瞬間を目撃し、記録してきました。

1/1,000秒差で勝敗が決まる、この偉大なスポーツイベントで、オメガは深い情熱と使命感から任務を果たしてきました。

オリンピックが時代とともに進化し、アスリートたちがより速く、より強くなっていくと同時に、オメガの時計テクノロジーもまたさらなる高みへと成長を続けてきたのです。



今回オリンピックの舞台となったのは、生命力の躍動する都市、リオデジャネイロ。

南アメリカ大陸での初のオリンピックを開催する、選手や観客にとっても最高の都市に違いありません











RIMG0303のコピー
シーマスター ダイバー 300M リオ2016 リミテッドエディション

¥529,200-


開催都市であるリオデジャネイロのダイナミックな精神にインスパイアされ、オメガは「シーマスターダイバー300Mリオ2016リミテッドエディション」を創りあげました。

このタイムピースは、時計製造の専門知識と比類なき匠の技とによって生まれました。


リオの有名なビーチ、コパカバーナにある遊歩道のモザイクを模した波模様の、ブラックラッカー仕上げのダイアルが特徴です。

また、この遊歩道のモチーフは、過去のダイバー300Mのウェーブパターンを再解釈したものでもあります💡


逆回転防止のダイビングベゼルもブラックで、ポリッシュ仕上げのブラックセラミックを使用しています。


このモデルが他と際立って異なる点は、何と言ってもレッドグリーンイエローブルーの4色でラッカー仕上げされた数字です。
この色彩はベゼルのブラックと合わせてリオの躍動感を象徴するだけでなく、五輪の5色も表しています


もちろん、優美かつ精巧な流儀によって、リオデジャネイロ大会を記念するモデルともなっています。

コレクター必見
ポリッシュ&ブラッシュ仕上げを施したステンレススティールケースの裏側にある、ねじ込み式ケースバックには「Rio2016」のロゴの刻印があり、限定モデルであることを示すシリアル番号が彫られています。

このモデルの生産数は3,016個


他にも、このタイムピースには、3時位置の日付窓や10時位置のヘリウムエスケープバルブ、そしてホワイトのスーパールミノヴァ加工が施され、表面はポリッシュ仕上げされたスケルトン針など、シーマスターダイバー300Mの特徴が見て取れます。

ステンレススティール製ブレスレットのタイムピースは、独自のオメガキャリバー2500を搭載、防水は30気圧(300メートル/1,000フィート)まで対応しています。 


オリンピックの興奮冷めやらぬ身に、スポーティとエレガンスが共存するタイムピース、Rio2016 リミテッドエディションを着けてみてはいかがでしょう

気になる方はぜひハラダまで足をお運びください
スタッフ一同、皆様のご来店を心よりお待ちしております