こんにちは!
突然ですが、みなさまは『龍馬伝』を観てますか(・∀・)

私は岡田以蔵役の俳優さんが好きなので毎週観てます(笑)
残念ながらもう出てませんがね(´;ω;`)

そんな龍馬も駆け抜けた幕末の日本に初めて伝わった
時計をご存知でしょうか?

スイスでも三指に入る歴史を持つ
GIRARD-PERREGAUX(ジラール・ペルゴ)略して『GP』です。

そんな日本に伝えられたのスイス時計を今日はご紹介いたします。

ヴィンテージ1945 スモールセコンド&デイト
GP 002
特徴といたしましては、
名前のとおりスモールセコンド
9時の位置にあり、
1時と2時の間にカレンダーがついております。
フェイスがとても美しく
GPの中でも1番人気のあるモデルです


ケースやケースと一体型になったストラップ
丸みを出すために文字盤も球体をくりぬくなど
手の込んだつくりになっており
よりお着けしやすく、よりオシャレにという
老舗ならではの心遣いが感じられます。

温故知新の故事がピッタリのお時計
ぜひ1度店頭でご覧ください